ネットショッピングでお菓子を購入する

Latest Posts

北海道の回転寿司

函館へ旅行に行った時に食べた回転寿司が忘れられません。東京でも渋谷あたりに行くと回転寿司はたくさんありますが函館の回転寿司とは全く違います。まず違うのは扱っている魚。東京の場合はマグロはもちろん、サーモンだったり蒸しエビあたりがメインになってきます。東京の普通のお寿司屋さんでは江戸前寿司のためニキリをつけたりします。これはこれで美味しいのですが、函館で食べたお寿司は凄い。安いのに最高に鮮度が良く美味しい。美味しいと感じたのはまずはイカでした。軽くゆずをふってあるイカは感動する程に美味しく、鮮度が良い証拠のこりっとするような触感。最高です。後はカレーだったりカニだったりサーモンは本場なだけあって美味しい。つぶ貝やほっきなども寿司で頼めるほど新鮮です。やはり地元で獲れたものは地元で食べるとかなりの鮮度で食べられる事ができるので、余計な手間を加えなくても大満足するほど美味しく食べられますね。後はカニ汁を頼んだのですが、300円ぐらいで大ぶりのカニが入ったお味噌汁がどんぶりのような形で出てきました。更にこの寿司ネタを通販できるらしいので、早速帰ってからかに 通販で検索して買っちゃいました。

生姜湯 レシピでいろんな生姜湯を試したいな!

最近冷え症で困っていることを友人に話したら生姜を勧められました。生姜と言えば豚の生姜焼きやジンジャエール、薬味としてなど色々ありますが、手軽で効果的な方法として生姜湯が浮かび「生姜湯 レシピ」で検索してみました。
今はいろんな生姜湯があるようですね。ハチミツを入れたり、メイプルシロップやゆず、水あめを入れてみたりと人それぞれアレンジは違うようです。その中でも気になったレシピをご紹介したいと思います。
のどの風邪にぴったりの梅の生姜湯です。材料は生姜、水、梅です。鍋で薄切りの生姜をコトコト煮ていきます。煮だしたらお好みの濃さで火を止めます。コップに擦りおろした生姜をお好みの量を入れて、先ほど煮だした生姜汁をいれ、最後に梅を入れたら完成です。梅を潰しながら食べると味の変化もあり、楽しめます。さらに甘さがほしいと思われる方にはハチミツや水あめ等を入れてもいいかもしれません。
他にも長ネギやかつお節、レモンなどを入れられる方や片栗粉でとろみをつけられる方などを見つけました。いろんな生姜湯のアレンジを調べてオリジナルの生姜湯を作ってみるのもいいかもれません。
せっかく身体にいい生姜を食べるのであれば、おいしく楽しく食べたいです。

北海道から沖縄までのみそ 通販はどうでしょう

寒い日が続いています。今回は、身体を温めるために通販でおいしいみそを探して頼んでみたいと思います。
おいしいおみそを使った料理は体を温める事ができます。みそ汁にしたり、みそ田楽にしたり、また豚汁等もあります。さらには、みそ煮込みうどんなんかも身体を寒い日には嬉しいですね。
少しみそについて触れてみたいと思います。みそと言っても全国的に見ても各地域、北海道から沖縄まで様々なご当地みそがあります。みそは本当に日本古来からある発酵食品であり、また調味料でもあります。主な原料は大豆で、それと麹と塩を混ぜ合わせて、発酵をさせます。製造方法や熟成期間によって様々な種類があり、赤みそや白みそ、合わせみそなどがあります。昔は貴重な蛋白源でもありました。栄養素はタンパク質や各アミノ酸・ビタミンB3・ビタミンE・酵素・イソフラボン・コリン・レシチン等が含まれているそうです。
麹が増えると甘味が増し、大豆が増えると旨味が増すと言われています。温暖多湿という日本の条件だからこそ技術が発達し、日本独自の食文化だそうです。だからこそ、海外旅行に行った人が「みそ汁が飲みたくなった」という話をよく聞きますが、日本人の味として長年親しんできたため、離れるとその味が恋しくなるのでしょう。
ユネスコ無形文化遺産に日本食が登録されたことによる和食ブームで、更にみそのよさも見直されているようです。

手近にある材料で作ってみた「油そば」が結構美味しかった

「油そば」を先日食べて以来、しきりに「油そば」が食べたくなる。今日の昼間も、油そばが頭にグルグルと回り始めて、冷蔵庫をオープン。油そばの材料になるようなものはないかなと探ったら、ありましたよ~!!先日我が家に到来した、ベーコンの塊の残り。そうだそうだ!るんるん。ベーコンって、豚の脂の旨みを食べるもの。それを、油そばの油分にすればいいかもとひらめく。といっても、どうしたら良いだろうか??あとは卵。これではカルボナーラの材料になっちまう。うーん。でも和風パスタにベーコンが入るのだから大丈夫と奮い立たせて、他にあったのがえのき茸。とりあえず、作ってみよう。まずは、ベーコンの脂がよく出るように、ベーコンの塊から、脂の多めのところを切り出す。それを細かくチョップ!ニンニクもチョップ!問りあえず、オリーブオイルをフライパンにしいて、ニンニクを入れて、火にかける。それからベーコンを入れて、チリチリになるまで炒める。それから、えのき茸を投入。えのき茸から水分が出たら(わーいキノコエキスだ!)そこへ、濃い目の刺身醤油を回しかけて、塩コショウ。火を止めて、一旦休憩。ふー。この炒めた具材を汁ごと深めの器に入れる。薬味はやっぱり入れるべきと考えて、ベーコンなので、生玉ねぎをみじん切りにして水に晒したものを少々入れる。細めのストレートタイプの生中華麺をそれから茹で上げて、よくザルで水を切ったら、器の中にイン!!出来上がり!!パチパチ。よく混ぜてみる。湯気の中から、ベーコンの燻製の香りと生玉ねぎとニンニクの風味が立ってくる。いいですねぇ。キノコから出たエキスも中々奥深さを与えて美味しい。いわゆる油そばとは違うけれど、かなりいける。ストレートの麺が良かった。(これしかなかったんだけどね)あの店屋の極太麺よりもいいかも。かなりお洒落で、しかも油そば欲を十分に満足させる。疑心暗鬼で作ったけれど、結果オーライの巻。お試しあれ。結局面倒で入れなかったけれど、卵は温玉にしてのせてもいいかも。

静岡県伝統の餅屋玉華堂の「みそまんじゅう」

ある日テレビのバライティー番組で紹介されていたお饅頭をどうしても食べたくなって、さっそくネット通販で玉華堂の「みそまんじゅう10個入(価格1042円 送料別)」をお取り寄せしました。この玉華堂というお店は創業明治23年という伝統ある餅屋で、そこの和菓子の中でも人気ナンバー1の商品が「みそまんじゅう」なんです。そして注文してから数日後に、お待ちかねの品がクール便で届いたので、さっそく緑茶とともに頂きました。それで先ず「みそまんじゅう」を半分に割ってみると、中にたっぷりの餡子が詰まっていて、周りの生地はもちもちした質感をしています。続けて割った半分を口の中へ入れ咀嚼すると、先ず口内に生地に入った味噌の香りと若干の塩味が広がって、その後生地に入っているという黒糖と蜂蜜の甘さを感じ、さらに北海道十勝産の生小豆を使ったという餡子の甘さが加わって、甘党には堪らないおいしさを味わえました。この味噌の塩味と生地や餡子の甘味とのバランスが絶妙で、一つ食べたら次から次へと食欲が止まらなくなってしまいますね。ふと気づけば10個全部その日に食べてしまい、もう少しゆっくり食べればよかったと後悔しました。なので、さっそく追加の注文をして、現在到着を待っている最中です。

栗羊羹をお取り寄せ

ある新聞を見ていると「栗のお取り寄せお菓子ランキング」が掲載されていました。どのような栗のお菓子が人気があると思いますか?1位は栗きんとんでした。栗きんとんと言う名前ですが、形が成形されていません。茶きん絞りにして栗きんとんとして食べることもできますが、生クリームと混ぜてモンブランのクリームにすることもできます。また、スポンジの間に挟んでマロンケーキにすることも可能。自分のアイデアし次第でいくつものアレンジが楽しめる商品です。秋の栗の和菓子として代表的な栗羊羹。栗羊羹のお取り寄せランキングが気になるところです。8位にランクインしていました。お取り寄せランキングに入っている栗羊羹はあずきよりも栗のほうが多いのではないかと思うほど、栗がたっぷりと入っているものでした。なんとあんの倍もの量の栗が入っているとのこと。栗好きにはたまらない1品ですね。しっとりと甘さ控えめな羊羹なので誰にでも好まれそうな栗羊羹です。期間限定ですからお取り寄せするならお早めに。他には栗のどら焼き、栗のタルト、栗のパイなども。栗を使ったお菓子は本当に美味しいですよね。秋の夜長にお取り寄せのお菓子を食べながらお茶もいいですね。

美味しい生牡蠣の季節にはたくさん食べたいです

秋は、牡蠣が美味しいシーズンだと思っています。やはり、美味しい食材は美味しいと思える出回りの時期にたくさん食べておきたいと思います。でも、私実は牡蠣が苦手だったんですよね。実はもともと貝類というものがダメだったんです。幼い頃のあさりのじゃりっとした食感がきっかけで貝類全般ダメになったんですが、やはり大人になると美味しい季節物は食べたくなり、そして食べられるようになるんですね。気がつくと、色々な牡蠣通販サイトなんかを見比べていたりして。牡蠣は、旦那さんも食べたことがあるのだそうですがやはり本物は美味しさが全く持ってちがうということなんですね。うまみというか、甘みなんかも明らかに違うらしいんです。とくに牡蠣といえば、広島だそうですね。この広島の牡蠣と言えば倉橋島の牡蠣が美味しいと聞きました。やはり牡蠣の養殖環境が重要なんじゃないのかなと思うんです。イメージとしてですが、澄み切った海で育てられた牡蠣は、混じりけのない牡蠣そのもののうまみをぎゅっと凝縮しているんじゃないかなと思うのです。牡蠣の本場・広島の生で食べる牡蠣は、ぷりぷりとした肉厚な身とともに、うまみも強いんだとか。うにとかもそうだけど、本物の味をもつものは苦手な人でもたべられるんですって。そんな貝類全般を苦手とする私でも、実は食べられるのではないかと自負しているのです。

食の安全を考える方は食品通販を検討してみよう

食品通販の良いところは、普段の買い物では出会えないものを購入出来るという点が挙げられると思う。例えば、近くのスーパーでは店舗の広さに限りがある等の理由から、一品目に数点しか置いていなくて本当に欲しいものを選べないだとか、安心した食材を自分で納得して購入したいと感じている方には食品通販はうってつけだ。昨今、「食の安全」に興味関心のある方が増えたのではないだろうか。企業が利益を優先して、賞味期限切れの食品を販売したり、海外からの輸入品で毒が混入されていたりと、我々を取り巻く環境は、決して安心安全な食品をタダで享受出来るとは言い難い。特に、子ども達を育てる母親の皆さんは「食の安全」に対して気を使っていることだろう。しかし中には「食品代が高くかかるから、安い輸入品でも構わない」と感じる方もいるかもしれないが、そんな方は良く考えてみてほしい。食品は毎日食べるもので、言ってみるならば食品とは天然の薬なのだ。毎日安心安全な食品を摂取することは、病気知らずの健康な肉体を作ることに他ならない。日々の投資で病院代のかからない、健康な我が子が育つのだ。長い目で見ればこれ程の節約効果はないだろう。是非、食の安全に興味のある方は食品の通販を検討してみて欲しい。あなたに合う、安心安全の有機野菜・無添加食材を扱う通販会社がきっと見つかるだろう。

食品通販で良いものを安く買う

食品通販という方法で、食材を買う、またはスイーツなどを買うという方法が注目されています。この方法を利用することで、可能になることが、珍しいものを手にれることができるということです。実店舗がある人気店などで買い物をしようとした場合、長い行列にならばなければいけないということがあったり、またそこまで行くのに時間がかかると言うこともあります。しかし、インターネットを利用した通販であれば、そのような手間をかけず、人気のものを手に入れることができるようになるという魅力があります。これは、自宅にいながら、注文することができ、また自宅で待っていると、届くという非常に便利な方法です。もちろん、いろいろなところへ行き、現地で食べるものと言うのはおいしいものです。しかし、それを行うためには、大きな経費と時間がかかります。何かイベントを考える時には、実際に行くと言うことも有効な方法ですが、そうでないときでも、おいしいものを食べることができるようになる方法として、インターネットを利用した、食品通販というのは、非常に有効な方法といえるでしょう。世の中には、まだまだ知らないおいしいものがあるものです。それを探すために、インターネットでいろいろ探してみるということも楽しいことといえるものです。

食品通販で全国のおいしいものを堪能しよう

全国のおいしいもの巡りに出掛けたいけれど、費用も時間もないという人に嬉しいのが食品通販です。家にいながらにして、全国各地の食材を購入することができるうえ、旬の味覚が新鮮なうちに届けられるので、季節の味を堪能することができます。食品通販なら、北の産物と、南の産物の両方を揃えて、新鮮な素材で料理するという贅沢も可能です。さらに、通販でしか手に入れることのできない規格外の破格商品や、限定商品などが用意されていることもあるので、積極的にチェックしてみましょう。季節ごとに変わるお得なセットも楽しみのひとつです。鮮度や味に不安があるという人は、お試しセットを利用してみることがおすすめです。お試しセットには、その店の人気商品が詰められていますので、安心して買うことが出来るかどうかの判断にはぴったりでしょう。また、特別な品ではなく、毎日の食材の購入にも食品通販は役立ちます。お米やお味噌など、重くてかさばるものを玄関まで届けてもらえるのはとても助かるものです。最近では、注文した当日や翌日に配達してくれるサービスも充実しているので、うっかり切らしていたものがあっても、すぐに手に入れることができるのが便利ですね。